職人紹介

知名定明

賭けの対象

入ったばかりで仕事がわからない知名さんに対して、一部のおばさんたちから激しいいじめが始まった。早く辞めさせようという攻撃が毎日のようにあったらしい。エスカレートする攻撃は徐々に直接的になり、会う度に「早く辞めなさい」と言われ続けた。理由はいつ辞めるかの賭けの対象になっていたからだったとのこと。 始めは本人もすぐに辞めようと思っていたが、あまりにもいじめが激しかったので、逆に反骨精神に火がついた。早く仕事を覚えて彼女たちを見返してやろうと必死に仕事に取り組んだ。1ヵ月後に吹き手のいる班の勤務になり、男性職人たちの中でボンテン、生地巻きと見習い業務に取り組み、充実した時間を過ごした。気がついた時には見返そうと思っていたおばさんたちは既に先に辞めてしまっていた。知名さんはリストラで消えていったおばさんたちに“必要な人材に成長する”ということで見事に見返したのであろう。

観察

それから知名さんはハマった。パチンコ&パチスロ自体ではなく、パチンコやパチスロをする人たちの観察にハマった。人を見るついでにやるようになったパチンコやパチスロは雑誌を見たりして台の特徴を調べ、自分と相性のいい台がわかり、出る台を決める店長の癖や店のサクラの存在もわかるようになっていた。今ではトータルでは負けない実力だが、半分は運なんですよと軽く言い切る知名さんは、その台を選んだ本人が悪いのに、台のせいにする人を観察するのが好きなようです。 知名さんは琉球ガラス村の工場内も観察する。自分の世界を各々持っている職人たちは“みんな短気で負けず嫌い”としっかり観察している。自分も含めて同じような性格の人たちなので、気持ちがわかって居心地がいいんですよと分析する。ただ自分はまだ人の考えを知ろうとしている段階で自分の世界はもっていないとのこと。謙遜に聞こえる発言の中にしっかりとした自信を感じました。

チャンスをものに

職人って?

この“若造利き硝子”は琉球ガラス職人を紹介するコーナー。しかしホームページを見た知名さんに、「自分は職人といわれるには抵抗がある」とダメ出し受けちゃいました。知名さんの中で「職人」とは、自分でイメージしたものがしっかり出来るようになって初めて使える呼称で、まだまだ自分はその域に達していないということでした。自分で名乗っても他の人が認めないと意味がないと自称職人にも厳しい言葉をいただきました。このコーナーでいう職人は、琉球ガラス作りに携わる全ての人を指していますという説明でなんとか納得いただきました。

一覧へ戻る

お気軽にお問い合わせください。
営業時間:9:00-18:00(年中無休)※工場見学は17:30までになります。
※台風接近時は閉店する場合がございます。

お電話でのお問い合わせ アクセス詳細へ